テーマ:除去食

卵アレルギーがあると、かまぼこやカニかまは使えないのか?

 「卵アレルギーがあると、かまぼこやカニかまは使えないのか?」   どちらだと思われますか?  答は、ノーです。  実は、「卵と牛乳なし」メルマガを読まれている方は、もうご存じだと思いますが、これらの練り製品を利用したレシピが載せられています。  なぜなら  一般的には、魚のすり身を加工して作る練り製品と言…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

卵を制限していると、カマボコやカニかまは食べられないものなのか?

 今でも、思い出すと胸が痛む思い出なのですが、まだ一番上の子が食事制限を抱えていた頃のお話です。  ちょうど暑い盛りに入ったばかりの今頃に、転勤で離れた土地に引っ越したばかりの、妹の家に遊びに行きました。  今、思えば、食事で制限がたくさんあるのだから、無理して わざわざ泊まりがけで遊びになんて行かなければ良かったのに、「お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトピーに伴う除去食で、病院のことや、ママが第二の医師になって食べ物で子供の健康を支えること

 除去食について続けて載せてきましたが、最後に、除去食でお世話になった病院や医師、自己流での制限食作りで気を付けることなどについて、まとめて付け足しておきたいと思います。  離乳食をきっかけに悪化し始めた うちの子のアトピーは、一歳を過ぎても良くならず、ただ塗り薬と湿疹が増えていくばかりでした。  心配になって、たくさんの病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトピーに伴う食事の除去やかゆみについて

 これまで書いてきた幼いアトピーっ子の除去食の話をまとめて、もう少し載せたいと思います。  除去食を指導してくださる医師に診てもらうのと、自己流で除去するのとの違いの一つは、除去食の指導であっても、症状が悪い状態なら、飲み薬や塗り薬をしっかりと使いながら治療する点だと思います。  成長期の子供の体は、栄養状態が悪いと、体がや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加工品を使わずに作ることで、アトピーの除去食は、もっと厳密に作れるよ

 制限食の世界を体験してみて感じたのは治らないからと食材をたくさん除去するよりも、使っている加工品(調味料も含む)を、まずは減らし、しかも、質のいいもの(天然醸造や有機栽培もの)に変えることから始めたらいいのではないかということ。  冷凍食品やレトルト食品、テイクアウトの弁当や惣菜、ファーストフードはもちろんのこと、なにげなく使っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医師の指導の元で、アトピーの食事制限すること その5

 制限食を指導してくれる病院について、連続して載せてきました。ここまで続けて読んでいただいたら、  ああ、そんな病院でうちの子を診てもらいたい、どこにあるの?  と感じる人は、たくさんいらっゃるのではないかと思います。   でも、いちいち日誌を医師がチェックする こんな方法だと、一人を診るのに時間がかかりすぎて、病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医師の指導の元で、アトピーの食事制限すること その4

 今回は、除去した食材をまた食べられるようになる復食までの道のりについてです。  成長の様子を記録し、全身症状を診た上で、食事の日誌を見てもらい、指導を受ける。  この受診スタイルはずっと変わりませんが、何回か通うと、親の方も除去食の作り方に慣れるため、よほど大きな変化があって気になると言う部分の食事日誌だけを見てもらうよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医師の指導の元で、アトピーの食事制限をすると言うこと その 3

  幼い子のアレルギーは、食べ物とも深い関係があるので、「アレルギーを起こしている可能性がある卵や牛乳などの食材を除去」とすることで、アトピーの治療効果を上げることが出来ると言うのは、最近では一般的に知られた考え方になってきました。  でも、その一方で、医師の指導を受けずに自己流で食べ物の制限をしている場合には、制限が不完全で意味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医師の指導の元で、アトピーの食事制限をすると言うこと その 2

 卵と牛乳だけ使わずに料理を作るのは、慣れたら意外と簡単だけど、これに小麦や大豆、米などの制限が加われば、きちんと除去するのは、途端に難しくなってきます。  そこで、専門の医師に指導を受けるというのは、具体的にはどう自己流と違うのか?を比較するきっかけにしていただくために、我が家の体験談を載せますね。  前回も書きましたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医師の指導の元で、アトピーの食事制限するという事 その1

 卵と牛乳を使わないで作る、野菜中心のレシピを載せたメルマガを発行しています。  うちの子たちで、アトピーに伴う厳しい食事の制限も体験しましたので、幼い子がアレルギーを起こしやすい、卵と牛乳を使わなくても、「こんなにたくさん食べられる献立はあるよ」と言うのを知っていただきたくて書いています。  メルマガではもちろん、卵と牛乳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食事制限の話

今は、国も食べ物とアレルギーとは関連があると認めているため、学校給食の現場でも、かつてのような、「残さず食べましょう」は、もう死語で、「残してもいいよ」の指導から一歩進んで、「アレルギーがある子に対応する給食も出しましょう」 の指示も出されるようになり、食べ物のアレルギーに対する認知度は、ずいぶんと高まってきているように感じます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べるものでアレルギーを起こしにくい食べ方は

 赤ちゃんや幼いお子さんは、食べ物でトラブル補を起こすことが多いものですが、これについて、別サイトで食事性のアレルギーや制限食・除去食をテーマに、まとめて載せています。  例えば  赤ちゃんにはじめて与える食材は、一口から・・・・  と言うのは、育児書になら どれにでも載っていて、どのママも目にしたことがある言葉ではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食事性のアレルギーに関係する話を更新中です

 実は、HPを読んでメールをいただくことが多い「制限食とアトピー」について、以前書いた内容を、もう少しわかりやすく書き直してUPしようとしている途中です。赤ちゃん~幼児さん向けの話ではありますが、良かったら読んでみて下さいね。  例えば、きょうUPしたのは、「アトピーで食べさせるのが恐いのを克服して、もっと食べさせてあげなくちゃ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more