チョコレートの食べすぎは湿疹の元。バレンタインデーは、アレルギーにも気をつけて

 娘が昨日の夕食後から、台所でごそごそなにやら作っています。普段、お菓子を作らない娘が作っているのは、もちろん!バレンタイン用 [黒ハート]

 今年はあげる人が多くて大出費なので、チョコチップクッキーを作るのだとか。 [わーい(嬉しい顔)]

 まずは計量から。

 一番にバターを測っています。140g・・・140g・・・140g

 横で見ていたら、ええーーーー[exclamation×2]というくらい、どんどんバターがはかりに積み上げられてゆきます。

IMGP7670.JPG
どどーん、とこれだけ

 皿の分量も入っているんじゃないの?・・・と言うことになって、もう一度測りなおしたけど、やっぱりこれでした。

 子供の誕生日には、ケーキを手作りしますが、この時に使うバターって、15g。

 たまにパン作りもしますが、これもやっぱり15g。

 どちらも、2×2×1cmくらいで、コンソメ 2個分くらいの大きさなので、今回はその約 10倍!

 普段、こんな油分が多いクッキーを手作りしませんので、油の量にはちょっとびっくりしてしまいました。

 それから2時間ほどかけて、出来上がったのが、これ

IMGP7672.JPG
ちょこっとおこぼれをもらいましたが、バターがたっぷりと入っているから、サクサク~。

 大量に作っていると言うことは、今年も友チョコか?

 ところで、
 
 幼い子供が食物性アレルギーを起こしやすい素材の代表は、卵や牛乳なのですが、アレルゲンとして大きくは取り上げられていないものの、たくさん食べれば、確実に吹き出物や肌荒れる原因になる加工品があります。

 その一つが、今日あたり 男性の心をワクワク [黒ハート] どきどき [揺れるハート] 揺らしているのではないかと思われる チョコレートです。

 チョコレートに含まれている、カカオ・ポリフェノールは、アレルギーの原因となる活性酸素の働きを押さえ、アトピーや花粉症に効果的といわれたり、ストレスをやわらげてくれる良い面も持っている半面で、豆の仲間ですから、アレルゲンにもなるわけで、カカオを食べることによって起こる、カカオアレルギーも存在しています。

 特に、カカオをチョコレートに加工すれば、脂肪分と糖分を多く含んでしまうため、アトピーを悪化させる原因にもなりやすくなります。

 もちろんアトピーではなくても、思春期にチョコを食べた翌日は、にきびが増えた、とか肌が荒れたと感じたことがある方って多いのではないでしょうか。

 アレルギーと言う資質は、幼児期の湿疹がキレイになった後も、自身の体の情報として消えることはないので、何かの拍子に刺激が多くなれば、やはり他の人より湿疹が出やすいし、肌も荒れたやすいものです。

 だから、楽しいバレンタインデーだけれど、お年頃のうちの子は、肌が荒れるから一度にたくさん食べないようセーブしているようです。

 そんな意味では、消化能力が低い幼いお子さんには、もちろんマイナス。 

 幼いときからたくさん食べさせて好物にしてしまうと、大人になってからのお肌のためには、ちょっとつらいかもしれませんよ。

 さて今日のバレンタインデーでは、どんなドラマが街中で展開しているのでしょうね。

クリックすると大きくなります。
画像


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。

 乳製品がダメでも、お子さんとチョコの風味を楽しみたい場合には、二通りのやり方があると思います。一つには、キャロブ(いなご豆)のさやを粉末にしたキャロブパウターを使うこと。チョコに似た風味が楽しめます。これは制限が多い子向け。また、純ココアで、カカオだけの製品を使えば、花粉症対策としてカカオを利用しやすくなりますし、チョコ味のお菓子や飲み物も作れますよ。 
 アトピーっ子向けのお菓子へはこちらから
http://yoikomap.client.jp/babyfood-11.htm

[かわいい]ケンコーコム - 健康メガショップ ← 3990円以上で送料無料です

この記事へのコメント

2010年02月14日 16:31
クッキー美味しそう!
お店で売っているのと何ら変わらないように見えます。。。
2010年02月15日 02:19
ありがとうございます。
結構おいしかったのですが、どうやらベーキングパウダーを入れ忘れていたようで、ちょっと硬かったです。
でも、娘が手作りする姿を見るのは、親としてうれしいものです。
2010年02月16日 17:25
さすがよいこさんの娘さん!
見栄えもいいし、味もグ~ッ!なんでしょうね。
常日頃、母の手作り料理の姿を見て、娘さんも心のこもった愛情チョコクッキーを作っているのでしょうね。

私がお菓子作りにはまった時期は中学・高校時代(のみ)(笑)。
いや~、それからというもの、てんで手作りお菓子なんか作ってない自分が・・・なんとも情けない・・・トホホ

娘さんの成長がこれからもっともっと楽しみになりますね。まさに「よいこ」なんだろうなぁ~~^^v
2010年02月19日 02:04
Kelly さん、こんばんは
いやいや~、それがなかなか~~、なまじ親が作ってくれると考えるから、子供はスプーン持って待っていたりも多いものですよ^^
今は、忙しいのもあって、なかなか娘は台所には立たないですね。得意料理は、味噌汁! これだけ
2010年02月21日 08:05
自分ら子どもの頃は、チョコやらナッツやらをたくさん食べると鼻血出る!なんて言われたもんです。
どういうわけで・
高価だったから?何でも食べ過ぎはいけない!っていう戒め?
でもやっぱ肌には悪いんですね?
一番、ニキビを気にするような年頃に食べたいんですよねー。

この記事へのトラックバック