ビスフェノールAも環境ホルモンも、食の安全のお話を、みんなまとめて

 前回から載せている話の続きとして、しっかりとした安全性があるのか?それとも、ないのか?

 そこらの部分がはっきりしていない物質の例として、ビスフェノールAについて、最後に簡単に載せておこうと思います。

 気になる記事が大きく載り始めた発端は、カナダ政府が2008年に、ビスフェノールAが乳幼児の体に、環境ホルモン(内分泌攪乱(かくらん)化学物質)としての作用を示すことを懸念して、プラスチック製哺乳(ほにゅう)瓶の、輸入、販売、広告を禁止する方針を明らかにしたことからでした。

 これを受けて、

 日本の厚生労働省も、この物質にどう対応するのかを、たびたび情報を更新しながら公開しています。

つまり

 まだそれだけ、白黒がはっきりと付いていない状況なんでしょうね

 今のところ日本政府は、

 「人体影響は明らかには認められなかった」

 としているようですが、果たして何年か先に、この報告がひっくり返るリポートが載せられることがあるのでしょうか?それとも、安全宣言が出されるのでしょうか?

 そこらがはっきりとしていないのです


 でも 
 そんな結果を待つ間にも、子供は生まれ、気にかけずにいたらその物質に接しながら成長してゆきます。


 もちろん


 哺乳瓶に関して言えば、ガラス瓶の哺乳瓶を使えば済むことですが、ビスフェノールAは哺乳瓶のほか食器、CD、塗装や電気製品などにも関わってくる樹脂にも含まれますので、安全性に疑問があるようなら、影響は大きそうですね。


 アレルギーを体験してしみじみ感じるのですが、大人よりも子供、子供よりも幼児、そして、幼児よりも胎児と言う風に、体が小さくなるほど、体が不快に感じる物質への許容量は小さいですので、その分、体への影響も大きくなります。

 大人には大丈夫でも、子供にはキツイ

  いつもそれは気にかけてあげたい部分じゃないかと思います。


[かわいい];厚生労働省は、ビスフェノールAに対して、現在 こんな見解を出しています。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kigu/topics/080707-1.html


 
 にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


 別ブログで、「暖房で起こる室内の乾燥とアトピー肌」について載せています。
こちらから http://yoikomap.seesaa.net/article/139407910.html

この記事へのコメント

2010年01月28日 19:22
欧米は、日本に比べると薬物も随分と強いものが多いですよね。
あれって、欧米人と東洋人の体の違いにあるのでしょうか?
たとえば、アルコール分解力が断然欧米人が強いように。体内で作り出す酵素の量や酵素の種類が日本人とは違うのかもしれませんよね。
彼らには無害でも、日本人には影響があるかもしれないし…。
やっぱり、日本は日本にあった路線で進んでほしいものですよね。(技術開発にしても・・・)
2010年02月03日 14:48
Kelly さん、こんにちは
レスが遅れてすいません
憶測ですが、穀類食が多い日本人は、欧米人より腸も長いので、その分、吸収のために長く食材だけでなく、有害物質も体内に残るから、影響は大きいと言う部分もあるのかもしれませんね。
2010年02月04日 14:32
おお、なるほど~!そうですね、きっと。
環境にあった体質に長年かけてできているものを、突然食材や食生活が変わることによっていろんな弊害が起こっているのでしょうね。
地球も自然も人間も、みな原因は同じなのかも、ですね。
そういえば、新型インフルエンザやウイルスの変異も理由は同じなのだとか。

先日、化学物質アレルギーの子供の様子を見ましたが、あれは酷いものでした。
もうかわいそうで、かわいそうで。
例えば、プラスティックやポリエステルに、少しでも触れただけで赤くただれてしまい、数時間着用したままだと、腫れあがった上に、膿んで、皮膚が溶けてしまうのです。
その子、天然素材だと全く影響はないのだそうです。
そう思うと、昔に戻れ!と、どこからか警告を発せられているような気がしますよね。
2010年02月05日 09:25
昔もあったのに、今だけなぜこんなに花粉症が増えて・・・?
の一因は、昔なくって、今 身近にあって、よく利用するもの・・・がヒントなのだと思うので、アレルギーとアレルギーを起こす物質をつなげている犯人のひとつは、間違いなく石油製品のような気もします。
子供のころ、なにげなくプラスチックの容器ごとチンして、溶けた物質として体の中に入ったアイツが、今も排出されることなくたまり続けて、アレルギーの仲介者になっているのかもしれないなと思うと、本当にやり切れませんね。
でも、憶測だけで、真実はまだ闇の中。何年も先に解明される日が・・・来るのか?・・・さて

この記事へのトラックバック