プラスチックの容器ごとチンして大丈夫なのかしら?

 先日、実家へ立ち寄っていたときの話です。台所で母と話していたら、高校生の姪が部屋から降りてきて、「食べてからバイトに行く」と、冷蔵庫からスーパーのお惣菜売り場で買ってきたと思われる焼きそばを取り出しました。

 そして

 食品を透明なプラスチック容器に入ったままチン!
しようとして、レンジに入れたのを見てびっくり [あせあせ(飛び散る汗)]

 「あれ?[新月][新月]ちゃん、お皿に移さずに、いつもそのままチンしているの?」

 「うん」

 え~[exclamation]そ・そうなんだ・・・


 そこで、余計なお世話と思われるかもしれないなと思いつつも、一言・・・


 「プラスチック製品って、油や酢なんかで素材が変質しやすいんだよ。容器の表面の加工が、レンジでチンしたときの熱で溶けちゃったら体に良くないから、お皿に移してから温める方がいいよ。」

 と言いました。

 素直な子なので、「わかった」と言って皿に移してから温めて直していましたが、さて、その後はどうしたのかなぁ。

 プラスチック容器全般に抵抗があるわけではないのですが、油を含んだ食品を入れたままチンして、高熱になったとき、もともと熱に弱いプラスチックが変質しないのか?が気にかかるのです。


 コンビニに行くと、お弁当でもパンでも、プラスチックや発泡スチロールの容器、あるいは、ビニール袋のまま

 「温めますか?」

 と、たまに聞いてくださることもあるのですが、私はいつも

「いえ、いいです」

 と、そのまま受け取って帰ります。

 理由は同じで、


 プラスチックごと加熱しても安全なのだろうか?


 と言う部分に、気持ちが引っかかります。


 みんながやっているし


 安全だとされているし


 食べたからと言って、別になんともない

 
 でも


 アトピーで痛い目にあったら、世間一般が、常識として安全としているものに対して慎重になりました。

 アトピーって、なんだか分からないものに反応していることもあるし、

 少しずつなんだか分からない物質を食べたり飲んだり、吸い込んだりする中で、それらが体内に蓄積されるのも怖いし、

 それらの積み重ねで

 次世代の卵子や精子がおかしくなって、生まれた子が親より強いアレルギーを起こし始める

 ような側面もあるから、プラスチックのような変質しやすい物質に向ける私の目は、どうしても厳しくなります。


 昔、お弁当は竹の皮や竹で編んだかごなどに入れて持ち歩いていました。

 食べ物を包む容器も、自然物であったり、そのものが食べられる素材でもありました。

 でも今は、石油から作られ、着色も加工も簡単で便利なプラスチック製品がほとんどです。

 便利なものを活用するのが、現代に生まれた私たちの役得なのだとは思いますが、安全とされていたものが、ある時から安全じゃないかも?と、疑問符が出てくることも実際にありますので、絶対!大丈夫だと過信するのはどうかなぁと私は普段から思いながら生活しています。


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります

この記事へのコメント

2010年01月26日 16:33
実家の母親は年の割に電化製品を使いこなす方なんですが、電子レンジも出た当時から使っています。その点は尊敬しているのですが、お肉などを入れて売っている発泡スチロールっていうのかな、それで鳥の空揚げなどもチンするんです。当時はごみでしかなかったので、ゴミに捨てる前の再利用と言って使っていたんですけど、完璧溶けていました!鳥の空揚げは温度が高くなるんですね。フライも少し解けますが、鳥の空揚げが一番溶けていた!アルミホイルで包んで焼くっていうのも溶ける気がします。慶は金っ気って敏感なんですけど、ホイル焼きは味がしますもの、ホイルの!安いタッパーも溶けるようですよ
2010年01月26日 20:10
そうですね、「絶対」はないですよ。
前に、食品容器の加熱による環境ホルモンって凄く話題になりましたよね?
そんな話題も、なんでか急に下火になったような気が。
ちょっとググってみたら、参考にしていただけそうな記事があったのでご紹介をば。
http://www.tokyo-eiken.go.jp/issue/health/13/13.pdf
http://www.maolan.co.jp/whatnew/kankyoh.html
http://www.jpif.gr.jp/2hello/conts/qa1_c.htm

たしかに食品安全法とかで「規制」はしているようですが、それもゼロではないので、長期間の蓄積による人体への影響、なんてのは未知の領域かと。
自分もつい便利にまかせてコンビニ弁当で済ませたりしちゃうので、もう一度、考え直したいと思いました。
2010年01月28日 00:24
慶さん、こんばんは
発泡スチロールは、かなり低い温度でも解けますのでそれは体にとってマズイと思います。食用油や肉類から染み出す脂はかなり高温になることがあるので、陶器のお皿がおすすめ。基本的にお持ち帰り用の入れ物は、単に入れて持ち帰るだけ用であり、レンジ対応じゃないと考えたほうが安心だと私は思います。
一説によると、体の外に排出できなかった物質は、そのまま蓄積してゆくか、子供を産んだ(生まれた)時に、そのまま胎児の体へ移されたり、あるいは、遺伝子に影響を与えたりもあるかもしれませんので、まだこれから結婚や出産を考えていらっしゃる場合は、用心されるといいのではないかと思います。お母さんの場合は、自己責任!と言うことで 
2010年01月28日 00:31
げんのうさん、こんばんは
>食品容器の加熱による環境ホルモンって凄く話題になりましたよね?
そんな話題も、なんでか急に下火になったような気が。
最近、「環境ホルモンなんて、ありもしないでまかせだ」と言う説が力を増しているようです。それが正しいのか、そうではないのかは、研究者で無い私にはわかりません。でも、いつの間にか そんな話が うやむやになっているのです。
実は、似た様な事を、以前 電磁波でも感じました。つまり、怪しいと言う話題が出ると困る企業が力を持っているということです。
利害がからめば、真実が明らかになるのを遅くしたい人もいて、本当のところはどうなのかがわかりにくい。私たちは自分で判断して、自衛するしかないと言うことでしょうかねぇ。
2010年01月28日 08:00
そうですね。
こんな話題になると、自分の子がアレルギー体質だったりするのも、親のせい?とか考えちゃいます。
電磁波も、パソコンや携帯の影響、一次盛り上がりましたものね。
メディアにも、色々なところからの圧力もあったりしてね。
たしかに一人一人がきちんとした判断をし、自己防衛するしか、今のところは手立てがないですね。
2010年01月28日 19:15
こんにちは。
またまたご無沙汰です。^^;
極寒の北海道にスキーなんぞしに行っておりました。(笑)
でもって、帰ってくるなり風邪引いて、今日まで寝込んでいた状態です。(笑)

プラや発泡スチロールで、チンは、私も抵抗あります。
どういうわけか、地方に行くと私の鼻炎も突然治るのですが、こうして戻ってくるや空気の悪さを空港の外に出るなり感じて体調を崩してしまうのです。

きっと、知らぬうちに時間をかけてあらゆる化学物質の抵抗力がキャパシティーを超えて、すぐに反応するようになってしまったのかもしれませんね。

よいこさんはもちろんご存じのことと思いますが、「アトピー」とは、「原因不明の奇妙な(不思議な)病気」という意味なんだそうですね。
だから、アトピーそのものの病に効く特効薬ってないのだそうで。

よいこさんの綴られているこのブログのように、なるべく人工的な化学物質から離れることが一番の薬なんでしょう。
今は私、毎日生姜湯を飲んで、人参の入った漢方薬を飲んで、体温を上げて免疫力を高めようと頑張っております。(実は、今年に入って低体温症になってしまったのです。^^; 先日は33.8度というびっくりする体温でした。それからはだいたい34度。これじゃいかん!と生姜をすって飲んでいました。今も風邪で寝込んでいるというのに、たった36.5度しかないんです…なんともトホホであります。^^;)
2010年02月03日 14:55
Kelly さん、こんにちは
やはり空気中に含まれている排気ガスのようなアレルギーを刺激する物質の濃度が違うのもあるのではないでしょうかねぇ。
Kelly さんの体調は、都会を離れて田舎に過ごせば、きっと良くなられるのだろうと思いますが、働き盛りには仕事のこともあって、便利な街中がいいですものね。
住む場所を変えるのは、究極の治療法だと思います。
先日も、たまたまテレビで子供がダッシュ村と言うTOKIOの番組を見ているのを一緒に見ていたのですが、田舎での自足自給の生活は、見ている分にはものすごくあこがれます。
年をとったら田舎に住んで。。。は理想ですが、年をとったら、都会暮らしが便利になるしですものね。
ところで
低体温、びっくりです。
ちゃんと健康に気を使われているKelly さんがおちいってしまわれた病気だから、自律神経やストレスなども大きく関わっているんじゃないかなぁと推測しましたが、それこそ簡単に薬で治せる部分ではないので、難しいですね。なんでも、東京は雪だそうで、さぞ寒いことでしょう。お加減いかがですか?

この記事へのトラックバック