手作りも出来る、無着色のりんごあめはいかが?

 子供の頃に好きだったんですよ、りんごあめ ♪


 ん? 

 イヤイヤまさか・・・、知らない方はいない・・・と思っていたら、これが意外とマイナーだったりすることもあるので、もう少し詳しく書きますと、西日本では縁日などでよく売られていまして、串に刺したりんごの表面に、少量の水で溶かして、ドロドロに溶かした砂糖のあめをからめています。

 ウィキペディアに写真も載っていましたので、良かったらこちらからどうぞ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%8A%E3%82%93%E3%81%94%E9%A3%B4

 縁日に行くと、たいてい一軒くらいは このりんごあめ屋さんが入っていて、店先にはずらりと
りんごあめ

 真っ赤に着色されたあめがからんだ りんごが箸に刺され、逆さに並んでいる光景は、とっもキレイなのです。

 見つけたらたいてい、買って買ってとせがんで手に入れ、家までがまんできずに、さっそくに食べ始めるのですが、これがなかなか・・・ 

 子供が簡単にペロリと食べられる代物ではなくて、きれいに食べるのは、と~~~っても難しいのです。

 あめはカチコチに固まって、りんごをコーティングしているため、りんごをかじろうとして大口を開けても、カチカチあめが歯に当たて音を立てるばかりで、はじめは何も口に入りません。

 仕方ないので、ペロペロあめをなめてから、いざりんごに到達すると、今度はりんごがちっとも甘くない。


 コーティングされたあめと一緒に、りんごをガブリとやるにはどうしたらいいのか?

 

 子供なりに試行錯誤して編み出した食べ方と言うのが・・・・


 はじめに前歯で、カチカチ、コツコツとあめの表面にひびを入れ(これがなかなかつらくて、途中で歯が痛くなります。)


 クモの巣状に、あめが欠け落ちない程度まで、コツコツと職人技の細かいひび入れしたところを、まずは一口がぶり。

 
 ここを突破口に、回りをガジガジしていくと言うもの。


 そんなこんなで、口の周りはベタベタに、舌は着色されたあめで、真っ赤っかになりながら、りんごと砕いたあめを、上手に口の中で混ぜながら、丸ごと一個をペロリと完食していたものでした   



 ところがところが



 自分は散々と真っ赤なりんごあめを食べたくせに、縁日で子供にねだられても、子供が幼い頃は買ってやりませんでした。
 
 それは、ちょっと食品添加物のことをかじったら、わが子に合成着色料で真っ赤なりんごあめを食べさせるのがイヤだったから。
 


 そんなある時、りんごあめ食べたいと言う子供のために、手作りしてみました。

IMGP3843.JPG
こちら [グッド(上向き矢印)]

カラメルソースを作る要領で、砂糖にごく少量の水を加えて弱火にかけ、ドロドロ解けて、少し色が変わってきたら、またちょっと差し水。

 ここへ、箸などに刺した丸ごとりんごを突っ込んで、キレイにからめてあとは冷ますだけです。


 赤い色がついていないと、見た目のきれいさは ちょっと物足りないけど、味はやっぱりりんごあめでした。

 寒い季節は、すぐにあめが固まるから、作りやすいですし、今はちょうど、りんごがおいしく食べられる季節なのでおすすめです。 [揺れるハート]

 ちなみに

 使った鍋には、カラメルがこびりついていますが、あとで水を注いで温めて溶かし、紅茶パックなどを入れて、お茶にしてはいかがでしょうか。


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。


 風邪ひきさんが多い時期に、咳に効くレンコンのグッズはおすすめですよ。
他にも、アトピーつ子におすすめの甘みへはこちらから
http://yoikomap.client.jp/index-1-2.htm

  アトピーっ子にもおすすめな食材や日用品がいっぱい
 3,990円以上の注文で、送料は無料です! 



この記事へのコメント

2010年01月28日 19:31
へえ~。
おうちでも作れるんですね。(飴職人の技が必要なのかと…(笑))
私は、りんご飴やあんず飴、今でも食べたことがないんです。
理由は…
食べ方がわからない、から。(どうやって食べればいいのだろう?と、不思議に思いながらこの年に…)(笑)

後は、やっぱりうちの母も合成着色料のついた食べ物は「だめ!」と言って食べさせてくれませんでした。
だから、みんなが「懐かしい!」という駄菓子屋さんの思い出も私にはないのであります。トホホ…^^;
2010年02月03日 15:01
Kelly さん、こんにちは
子供の頃は、見た目がきれいというだけで、体に良いとか悪いとか考えずにいろいろ食べてきましたが、本当は、子供の時ほど、添加物なんかには気をつけてあげたいものだと、親になってわかりました。
Kellyさんのお母さんは、絶対間違っていないと思いますし、さぞ聡明な方なのだろうと思いますが、子供には子供の付き合いの世界があるので、みんなが食べたものが記憶にないのはちょっと寂しかったですね。
それにしても、子供の頃の縁日って、どうしてあんなにもワクワクできて、世界が輝いて見えたのだろうかと、不思議に今も思い出します。子供の目線では、赤いりんごあめは、宝石みたいに輝いて見えましたもの。^^
2010年02月04日 14:25
縁日…
本当にそうです。
何が楽しみって、私の場合は、りんご飴は横目で通り過ぎるだけでしたが、綿あめ(綿菓子)だけはOKでしたから、これとヒーローやヒロインのお面を買ってもらうのが唯一の楽しみでした。
お祭りやお参りはどうでもよく、どこのお店がいいかと、往きにじっくりと品定めをしておりましたっけ。(笑)

この記事へのトラックバック