りんごを安く食べられて、ブツブツ言っているのは私だけかもしれませんが・・・

 近所に、野菜のB品も販売しているスーパーがあります。

 規格外だと、皮がむきにくかったりと、下処理するのに少し手間はかかることはあるかもしれませんが、味は同じだったり、そんなに変わらなかったりします。

 でも、価格はB品だから、市価の1/2~1/3と、ずいぶんお手ごろなのです。

 先日は、「ふじ」りんごの一箱が、980円で売られていました。

 例年なら、いくら安くても一箱 3000円代、質の良いものなら5000円超で楽に売れる「ふじ」りんごが、10キロも入って、このお値段。

 破格だと思います。

 早速、買って帰って食べてみました。

 ごくおいしい。

 りんごの早生品種「津軽」も、りんごの食べはじめだからおいしいなと思うけれど、やっぱり味は青く、完熟の「ふじ」のおいしさにはかないません。

 でも、このりんご。よく見ると、小さな傷が付いているB品なのです。

IMGP7184.JPG
ガムより大きいL玉。でも下のほうに小さな傷があるのです。

 今年は、実が大きくなって、もう少しで収穫と言う時期に、大型の台風が東北を縦断しましたので、丹精して育てたりんごが落果したり、ぶつかって傷が入って、完品でなくなったのでしょう。

 通常なら、丸いダンボールに一つずつ入れられて、傷が付かないよう大事に運んでこられるりんごが、箱に無造作に入れられて売られています。

IMGP7177.JPG

 食べながら原価を考えてみました。

 スーパーで980円なら、市場の仕入れは500~600円でしょうか。

 市場まで運んでくる運賃もここへかかるから、農協などにこのりんごを収めた農家の手取りは、多くても この一箱で200~300円?

 手でもいで、箱に詰めて運ぶ手間を考えたら、タダ! 収入にはなりません。

 でも、そのままにしておけば、実ったりんごの重みで木が傷んでしまいますから、泣く泣く収穫されたのだと思います。

 消費者は安ければ嬉しいものだけれど、安いために誰かが大損をしているのではつらいですよね。

アトピーをきっかけに、有機栽培を農協も一緒になって進めている農家と交流したり、少しでも安全な商品が食べたくて、いろいろ作物について調べるようになったら、農家の方々の目に見えないご苦労が、少しは わかるようになりました。

 何もかもが デフレの世の中ですが、丹精こめた作物を、ちゃんとした価格で買ってあげられなければ、いい作物を作ろうと努力されている農家ほど、価格競争に負けて、出荷をやめてしまいます。

 こんな自然災害がきっかけになって、せっかく育てたりんご畑をたたんでしまわれる農家が増えなければいいのにと気になりながら、とてもおいしくいただきました。


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いいたします。





産地直送ならあおもりうまいもん市場


この記事へのコメント

2009年12月15日 19:32
自分は農家を営む友人から直接りんごを買って、遠方の知人に送るのですが、それはやっぱり個別包装された「御使い用」。
自宅では「家で食べて」とタダでいただくりんごを食べています。
まさに写真にあるような梱包です。
小ぶりとか形が歪んでいる、シミがあるとかで出荷できないものですが、味は最高です。
もっとも、個別包装された御使い用のフジ、食べたことなかったです。(;^_^A
価格を考えたらとってもとっても…。
2009年12月16日 08:34
贈答用のふじは、本当にきれいな色ですよね。
私もめったにいただけません。
以前は、もっとすごいロットの木箱入り・・・なんてのも買っていた時期があります。岩手新聞なんかが中に敷物などで入っていて、地方の香りもたっぷり。
少しの傷よりも、鮮度のいい完熟のりんごがやっぱりおいしいので、農家さんも消費者もうれしい、そこそこの値段で、こっちでも普通に手に入ればいいのになと思います。
2009年12月16日 12:44
ですね。
ファストファッションが流行るように、安全でおいしくて安い、「いいもの」がわかる消費者が増えれば、こうしたちょいキズ商品が適正価格で取引されることになると思います。
見た目に惑わされない目を養う必要がありますね。
2009年12月18日 18:54
一箱980円とは安い!
私も最近「わけあり○○」(←○○にはりんご、とか柿とか果物の名前が入ります)を買ってきます。

「どこがわけありなの?」と思うほどの違いしかなく、大きさも立派だし、味も絶品です。
だのに、奈良の富有柿が4袋で298円とかサンフジの素晴らしく大きいのが3つで398円とか。

数年前は、売れ残った農作物や牛乳(わけありでも何でもない)を、価格破壊しないようにと、川などに捨てていた光景を目にしていましたが、これはちょっと許せなかったなあ・・・。
「もったいない」精神を大事にするなら、スーパーなどがボランティア的に商品を置いてあげればいいのに!と思いますよね。(そうすれば他の商品も買ってくれるだろうから・・・相乗効果を狙って)

農業に企業が参入できない今の日本のしくみですが、日本は今こそ農業に力を入れるべきだと思います。
そのためには、やはり企業の支援も必要なのではないかなあ?と。
農協にしか頼り所がないっていうのが、農家の人たちも苦しいのかも。
自由競争になれば、もっと潤うのではないかなあ???
2009年12月19日 19:23
Kellyさん、こんばんわ
少し前の朝日新聞休日版に、ホームレスの人に訳あり商品の寄付を募る団体の話が載っていましたよ。
農家は零細の個人経営が多いので、損をしてまでそれらの団体に送って寄付する余力はないと思います。
ので、
別の団体が間に入って、企画外品を橋渡ししてあげれば、市場価格にも暴落はなく、処分費に農家が困ることもなく、助け合えてちょうどいいのではないかと思うのですが・・・
農家が、昔ながらの流通ルート以外で、経営が軌道に乗る程度の価格で販売出来たらいいのになぁと、日本の農業の未来を憂うものの一人としていつも思います。

この記事へのトラックバック