好物と嫌いな食べ物には、アレルゲンが関わっているのかもしれない

「好物と嫌いな食べ物には、アレルゲンが潜んでいる可能性がある」

 この話を初めて聞いた時には、「え?そうなの?!!」と、びっくりしましたが、言われてみると、なるほどなぁと思い当たる節はありませんか?

 例えば、私自身の子供の頃を例に挙げると

 子供の頃には、卵をたくさん食べると気持ちが悪くなりました。

 バナナを食べると、口の中が苦くて嫌いでした。

 貝の汁を飲むと、なんか変な感じが口の中に残りました。

 生のパイナップルを食べると、家族で一人だけ、唇が腫れました。

 
 でも、私自身は、アレルギー性の結膜炎が一時期ひどかった程度で、特に子供時代に、皮膚に湿疹トラブルがあったわけではなかったのです。

 ところが

 子供が生まれて、アトピーで大変になって、血液検査を受けたら、わが子に卵にアレルギーがあることがわかり、そのさらに後で、どうやら私の父が、鶏肉にアレルギーを起こしたことがあるのがわかりました。

 
 なんだぁ、それ・・・?! [がく~(落胆した顔)]

 私はアレルギーの血液検査をしたことはなかったのですが、きっと、卵に軽いアレルギーがあったんだろうし、もともとは、うちの父の頃から卵のアレルギーの資質があったんだ!!

 ・・・と、子供に症状が出て、初めて知りました。


 バナナも同様です。

 バナナでアレルギーを起こす方も最近多いそうですが、私の場合も、何かわからないけれど、子供なりに違和感を覚えたのでしょう。

 私が子供であった当時は、今より強力な農薬が、腐ったりカビたりを防ぐために、スプレーされていたことを考えれば、それも うなづけます。



 実は、貝も、アレルギーを起こすことがある食べ物の一つです。

 わが子が幼い頃に、私と同様の症状を訴えてはじめて、なるほど、それで私も変だと感じたのか・・・と、やっとこの時、気がつきました。

 今は、私も子供も、貝類をおいしく食べられますが、私たちの体質では、大きなトラブルにはならないまでも、食べさせる時期が早すぎると、軽いアレルギーを起こしてしまうのでしょう。

 パイナップルの生で起こるトラブルは、結構良くある接触皮膚炎だそうです。でも幼児期に皮膚が弱かったらしい私だけが、痛い目にあいました。

 こんな風に、子供って、うまく言葉で言い表せないから、食べないことや、嫌うことで、なんとなく体が受け付けないものを本能的に避けたりすることがあります。

 何年か前に、子供の嫌いな食べ物を大掛かりに調査している結果を見た時も、「ああ、やっぱりな」と思ったのですが、ベスト 10には、アレルゲンにもなる食べ物が8割くらい入っていました。

 子供の偏食にも、一理あるんですね。

 幼児のころまでは


「嫌いな食べ物には、アレルゲンが潜んでいることもあるかも?」

・・・と、少し疑ってみるのも良いと思いますよ。

 逆に、大人になってからは、

 好物にアレルゲンが潜む


 が、アレルギーに気づくためのキーワードになります。

 理由は、ずばり!





 食べすぎ!! [ふらふら]

 

 あまりに好きで、食べ過ぎちゃうると、好物がある時点からアレルゲンに変わることもあるから、どうぞお気をつけて! [黒ハート]



にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブ
ログ村

ランキングに参加しています。よろしければ、クリックお願いいたします。




楽天グルメ大賞受賞!豪華福福讃岐うどんセット

この記事へのコメント

2009年12月07日 18:09
そうなんですかぁ!
ウチは誰~もアレルギーなくてよかったねーという期間が長かったのですが…。
金沢出張での近江町市場で買い込んだカニで、カニパーティをしたある日、息子2号の体調が…。
気持ち悪いと言い、翌朝には口に吹き出しが。
もしや!?と医者で検査をすると甲殻類アレルギーであることが判明。
それまで寿司といえば甘エビ、カニやいかメシ大好きだったのが、今ではうらめしそーにしています。
たしかに食べすぎがきっかけでの判明でした。(・o・)
2009年12月07日 20:53
それはそれは、残念なことですね。
好きなものが食べられなくなるくらい気の毒なことはありません。
うちの娘も、幼稚園の頃お弁当に入っていた海老が悪かったらしく、それ以降、どうもダメみたいで唇が腫れたりしますが、なぜか検査では出ないんですよね。
我が家では、一つの食品に執着し過ぎないよう、子供も私も気をつけています。
 ところで、かにの場合は、キトサンというカニ由来の抽出成分が衣類や食品、その他に使われていることもあるのをご存知でしょうか?
 もしかしたら、普通に食べてなくても、ずっとキトサンに接触していて、アレルゲンになっていたと言うこともあるかもしれませんので、チェックして見られるといいですよ。
2009年12月11日 10:26
凄く、勉強になりました!
確かに!理に叶ったことですよね?!

うちの旦那は、バナナが苦手。
めずらしいと思っていたら、よいこさんも、だったんですね?!
子供の頃からずっとバナナが嫌いだったそうです。もう1つ、柿もダメなんです。
(果物好きの私は、バナナと柿は一人占めできるので、しめしめ・・・ってな感じなんですが(笑))
う~む、単なる好き嫌い(食わず嫌い)と、体が受け付けない嫌いさと、見分けるのは難しそうですね。(笑)

私は大豆製品をあまり好んで食べないのですが・・・
これはきっと「食わず嫌い」なんだと思います。
実は母が大豆製品をあまり好きじゃなく、ほとんど食卓に出なかったのが、私の食わず嫌いの原因かと。
そうしたら、伯母も従妹も大豆製品が好きではないことが判明いたしました。(笑)
すると、祖母がそもそも大豆製品が好きではなく、食卓に、たま~にお豆腐が出されるくらいだったとか。^^;

もしかすると”大豆アレルギー”なんてのもあるんでしょうか?

おかげで私が納豆を食べられるようになったのは、ほんの3年くらい前。(それでも年に1度くらいしか食べないのですが・・・)
お鍋料理にも、ついお豆腐を買い忘れてしまうくらい。

というのに、最近は「風に吹かれて豆腐屋ジョニーロール」という菓子パンにはまっているんですが。(笑)
2009年12月12日 01:58
Kellyさん、こんばんは

不義理でごめんなさい。
年末にかけては、ものすごく忙しいです。

ところで、大豆アレルギーは、かつて、卵、牛乳と並ぶ三大アレルゲンだったこともありますよ。
Kellyさん子供の頃は、まだ今ほど洋食に偏っていなかった頃なので、昭和以前の生まれの人の、アレルゲンになっている人は多いと思います。
でも、大人の場合は、なんとなく嫌いで食べないことで、発病せずに済むことがほとんどだから、偏って食べさえしなければOKじゃないかと思います。
でも、親族みんな嫌いと言うのは、面白い話ですよね。
遺伝子のルーツであるおばあさんが好きでないので、彼女のアレルゲンかもしれないし、単に食卓に並べなかったから、みんな食べるのが苦手なのかもしれません。
でも、大豆と言えば、女性ホルモンとの関係も深いので、漠然と嫌いなおかげで、婦人科の病気に弱い体質から自然と遠ざけようとする本能が働いているかも?・・・なんてことも考えたりしました。
「風に吹かれて豆腐屋ジョニーロール」という菓子パンの話も読ませていただきました。
 でもこっちでは豆腐しか見かけないんですねぇ・・・地方には、いつ頃ブームが来るのかしら?
2009年12月14日 21:50
よいこさん、

不義理は、私も同じ・・・^^;
ゴメンナサイ。

忙しい時は、無理しないでください。
それに、不義理などと全く微塵も感じておりませんよ。どうぞ、ご安心を!(^_-)-☆
私の方が、コメント返しするのに時間がかかっているくらいだし。(ごめんなちゃい)

よいこさんのコメント、とても勉強になりました。
なるほど~~!!いつもありがとうございます。

大豆って、昔からの食材かと思っていたのですが、比較的新しい海外渡来のものだったんですか?これまた知りませんでした。(知らないことだらけです(笑))

体調、崩さないように!腰もお大事にしてくださいね!

2009年12月15日 12:40
Kellyさん、私の書き方が悪かくてすいません>
大豆は、米よりも古くから日本人の食卓を支えてきた基本の食材です。一番大切な穀物だと思います。
ただし、昨今は、ほとんどが輸入に頼るため、収穫後農薬もしっかりかかるから、アレルゲンになる子が増えていたのではないかと思われます。
ただ、最近は、食事が洋食化したので、以前ほど食べなくなって、大豆が小麦へとアレルゲンがシフトしてきました。
腰は、風呂場でもぐるぐるしていますが、まだグラグラですね。お気遣いありがとうございます。

この記事へのトラックバック