亀のかめ吉、再び大脱走!

 9月にここで、我が家の10年亀 かめ吉が脱走した話、を載せました。

 ところが・・・

 逃げられないように私なりに工夫をしておいたにも関わらず、なんとヤツは、それから1週間も経った頃に、まんまと逃げ出してしまったのです。 


 ショック・・・・


 庭中の木の下、草の中、石の裏・・・など、何日もあきらめきれずに探していましたが、全然見つからなくて、どよ~んと、ペットロス・・・


 10年飼えば、亀でもこんなに喪失感があるんだなぁ・・・と、自分でもびっくりするくらい落ち込みました。

 もともと、子供にせがまれて買ったわけでなく、外来種のクセに、実家の庭の土管をよたよた歩いているのを母が見つけ、そのまま見捨てちゃダメだなと、環境保護のつもりで手元に置いた亀でした。

 えさをやろうと近寄れば、亀山(亀が入れ、上にも乗って、甲羅干し出来るお家)の下に隠れ、飼い主がいなくなったのを見計らって、えさを食べにでて来る臆病者で、愛想はないし、おしゃべりもない。


 そんなヤツでも、いなくなったら寂しいものだなぁ・・・としばらくは落ち込み、


 逃げ出しても、水のにおいを頼りに用水へたどり着けなかったら、そのまま越冬できずに、甲羅だけになった亀吉を、春に発見するんだろうなぁ・・・とか、いろいろ考えたものです。


 やがて

 ・・・・ヤドカリもいるしベタや金魚なんかもいるから、世話が一つへって楽になったなぁ・・・・と、ちょっと開放感に包まれ始めた1ヶ月後の暖かい日


「お~い、亀がいるぞ~~」

 と、義父の声。


 え? 

 ・・・っと思って出てみたら、なんと、私の車のタイヤ近くに、亀が一匹這い出して、ボーーーっとしていました。

 
 わかるもんだなぁと、自分でも感心したのですが、見たら、すぐ、かめ吉とわかりました。

 どうやらエサもとらずに倉庫の隅のほうにもぐっていたようで、暖かいから、体が軽くて、つい出てきてしまったのでしょう。


ゴミだらけで土色、しかも、


くさい!! 


 さっと甲羅の両端をつかんで、まずは水道で丸洗い。

 もちろん、その間ずっと、「何で脱走したのさ」・・・云々と、うれしさと恨みと半々混じった小言を、かめ吉にコンコンとくれてやったのでした。

画像
捕獲直後のかめ吉の様子です。これ以上ないほど甲羅にめり込んで、しばらく出てきませんでした。


 市販の亀山には、そろそろ 入りきれなくなっていたのも脱走の一因と思われたので、欠けていた鉢を、コ、コンと割って、角はやすりで磨いて大きな家を作ってやり、新しい家の完成!


 それでも落ち着かないのか、二日ほど かなり歩き回っていましたが、やがて、新しい亀山が気に入ったのか、お家の中へ。

 
画像



ほらほら、ここです、右下に。

画像


 さて、三度つかまってしまったことが、彼と私にとって、本当に良かったかどうかはまだわかりません。

 でも、こうなれば、鳴くこともあるという亀の声を一度聞くのを目標に育ててみようかなぁ。

 まずは難関の越冬です。

 かめ吉の11年目の冬越しが、もうすぐ始まろうとしています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングに参加しています。よろしければ、応援のクリックをお願いいたします。





大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる (偕成社文庫 (2009))
偕成社
オトフリート=プロイスラー

ユーザレビュー:
おおどろぼうなのに憎 ...
あの大どろぼうが・・ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
みたびつかまる・・・のフレーズで、なぜか思い出しちゃったわ、ホッツェンプロッツ。面白いのよねぇ、これ。

この記事へのコメント

2009年10月26日 14:13
かめ吉クン見つかってよかったですね。
こうしてみるとほんとかわいいですね。自分も飼ってみたくなりました。
2009年10月27日 00:11
ありがとうございます。
亀の中には、えさをねだったり、ひざに乗ってくる甘えんぼもいるそうなので、そんな話を聞くたび、うらやましくて・・・
こちらでは売っているのさえ見かけませんが、ゾウガメみたいな陸ガメもなついてくれるなら飼ってみたいです
2009年10月27日 01:34
よいこさんって、愛情深い人なんですね。
動物好きなんだもの。

11年目の冬、お互いに愛情を育てて(?)越冬できるといいですね。カメ吉にはよいこさんの気持ちが伝わっていると思いますよ~。ただ、臆病者なのね。恥ずかしがり屋なのか……。
2009年10月27日 08:45
美奈BOOさん、おはようございます
本当は、猫や犬のような、はっきりと言葉を理解する生き物が飼いたいのですが、アレルギーもあって果たせず・・・
やむなく、金魚や亀にまで、ブツブツと声をかけながら育てる怪しいおばさんと化してしまいました。
2009年10月28日 05:59
いいじゃないですか!
怪しいおばさんに幸あれ★
怪しいおばさん、大好きですよ~(*^_^*)
2009年10月28日 21:05
へへへへ、ありがとうございます。
2009年11月01日 12:05
逃げたり捕まったり...
この繰り返しが
コミュニケーションだったりして
ルパンととっつぁんみたい...(笑)
2009年11月01日 13:43
なるほど・・・ルパンですか。
私としては、とっつぁんと呼ばれるよりも、五右衛門のキャラの方が、ストイックで好きですが、のろまな亀にまんまと逃げられているあたりが、たしかにとっつぁんですねぇ。
2009年11月10日 13:12
実は同じ体験、我が家でも…
何年か前に、子どもの飼っていた何年ものかのミシシッピミドリガメ、ラー君。
真夏の日中、ちょっと油断したすきにベランダから脱走。
懸命の操作の末に…
あっちっちに熱せられたトタン屋根の上で、悲しい結末に…。
ほんと思い出しても悲しくなる真夏の出来事でした。
子どもらも悲しみながら謝っていたのを思い出します。
(>人<)なむ~!
2009年11月10日 19:52
げんのうさん、それはそれは、本当に不運でしたね。
我が家のように涼しくなる頃で、瓦さえ焼けていなければ、エサや水がなくても、結構長く生きているようなのでお気の毒でした。
うちの亀吉は、ある意味では、本当に運のいいやつだと思います。
ところで
ラーとは、はて、どこかで聞いたような・・・ラーの翼神竜?
miyuyumi
2010年07月20日 21:30
私も2匹カメを買っているのですが、
脱走しました・・・
一匹は見つけたのですが、もう一匹が見つかりません・・・なにか
アドバイスがありましたら、
アドバイスを下さい!
宜しくお願いします!!
2010年07月20日 22:02
miyuyumiさん、こんばんは
なにぶん気温が高い時期ですので、亀はものすごく足が速いです。我が家のように隠れている可能性は低いと思いますが、念のためにお庭の石や物置の隅などを片っ端から持ち上げて下を確認してみてはどうでしぅょか?
水に入っていなくても、エサがなくても、一週間近く生きている場合もありますから、にげてすぐなら早々とあきらめないことです。
見つかることをお祈りしています。

この記事へのトラックバック