中華がゆレシピ

 寒い今の時期は、どうしてもアトピーも悪化しがちになります。そんな時におすすめなのが、消化が良いおかゆや、体が温まる、汁物や鍋物です。1/27発行のメルマガから、一つレシピをご紹介しますね。

 赤ちゃん~幼いお子さんにお勧めなのは、いも類や大根を煮込んだ、あっさりおかゆ。

 でも、たまには、ちょっとボリュームのある、中華がゆもいかがでしょうか?カゼを予防する効果もあるネギをたっぷり加え、お酢や酢しょうゆで、さっぱりと食べてみるのが、おすすめです。

 赤ちゃんや制限が多い子には、脂肪が少ないささみで作るのがおすすめですが、鶏肉の骨や皮は、うま味の素であり、皮膚を改善する、コラーゲンも取れるので、少し油っぽくてもOKなら、飼料に気を使った、産直鶏肉の手羽先や手羽元のような部位で作るのもいいと思いますよ。

 保温調理器を利用して作ると、本当に簡単に作れます。

使わずに作る場合は、5~6Cの水を加え、沸騰したら、ふきこぼれない程度に火を弱めて、コトコト20~30分、米がふんわりするまで煮て、しばらく蒸らします。

フタは、ずらしてのせないとふきこぼれるので気をつけてね。

画像


 材料

 米 1C   鶏肉(ささみ)  5~60g 
 酒  大さじ 1 (使えなければ、なくてもかまいません。)
 塩  小さじ 1/5  
 万能ねぎ 2~3本、または、太ネギ  1本   ショウガ 少量
 ゴマ  大さじ 1
(ゴマを使えない場合は、砂糖を少し多めに加えて、タレを味見してください。)
 酢 大さじ 2   しょうゆ  大さじ 1
 砂糖  小さじ 1/2   大人用には、お好みで、ごま油 小さじ 1/2

 作り方

・米をとぎ、水 4Cを加えて、30~1時間置いておく。

・米の上に、鶏肉と、取り出しやすいように、大きくスライスしたショウガをのせ、酒も加えて火にかけ、沸騰したら、ふきこぼれないよう、中火から弱火に火加減しながら、2分程度煮て、保温調理器の保温器に入れ、20分置く。

・ネギを洗い、小口切りにする。ゴマはすって、塩以外の調味料を、全て加えて混ぜておく。

・一度保温器から取り出し、ショウガは取り除く。米の固さを確かめ、柔らかく煮えているようなら、ここでネギと塩を加えてよく混ぜ、沸騰するまで弱火にかける。粘りが出て焦げやすいので、よくかき混ぜながら煮てね。
(気温が低いなどの理由で、米粒がまだ固ければ、ネギを入れて、1分ほど沸騰させます。焦げやすいので、水分が少なければ、水 1Cほどを加えて混ぜてから、火にかけるといいですよ。)

・再び、保温器に5分ほど入れ、蒸らして出来上がり。ゴマだれをかけて食べます。


※タレを作るのが面倒な場合は、ポン酢をかけたり、酢しょうゆ(酢:しょうゆが、2:1)や、香酢のような、酢自体にうまみがある酢を、そのままかけてどうぞ。

※ネギは、冬が旬です。青ネギには、お肌を潤すビタミンAが豊富、ビタミンCやカルシウムも、白ネギより2倍多い立派な緑黄色野菜です。逆に白ネギは、風邪の予防に効果的ですから、しっかり加えて、たっぷり食べて下さいね。

画像


こちらは、大根や白きくらげも加えた、ヘルシーな別バージョンです。

他にも、冬のアトピーっ子の体を元気にしてくれるレシピを満載した、卵と牛乳なし!アトピーっ子にうれしい野菜たっぷり料理1月号は、1/1から発売中です。

こちらから内容を見て下さいね。
 
             http://yoikomap.nobody.jp/1gasu12.htm 


 
うちのメルマガへは、こちらから http://www.mag2.com/m/0000117994.html

アトピーがテーマのうちのHPへは、こちらから http://yoikomap.nobody.jp/index.htm

アトピーっ子におすすめの食品ページへは、こちらからhttp://yoikomap.client.jp/index3.htm





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック